新幹線の客室カメラ常時録画開始

東海道・山陽、安全対策で 

画像 JR東海が新幹線のデッキ通路部分に新設した防犯カメラ(同社提供)

 新幹線のセキュリティー強化や犯罪抑止を目的に、JR東海は23日、全国の新幹線で初めて客室内を防犯カメラで常時録画する列車の運行を始めた。当初は東海道・山陽新幹線を走る1編成のみだが、2017年度末には同社が所有する車両の9割で客室内を録画するようになる。乗客のプライバシー保護が課題だが、同社は「録画した映像は、使用目的や扱う社員を限定し、厳重に管理する」としている。

 昨年6月の東海道新幹線放火事件などを受けた安全対策の一つ。

あなたにおすすめ