高浜原発4号機が緊急停止

発送電作業中に警報

画像 関西電力高浜原発4号機の発送電作業中に原子炉が停止し、中央制御室で状況を確認する運転員ら=29日午後2時4分、福井県高浜町(代表撮影)画像 関西電力高浜原発の4号機。奥は3号機=福井県高浜町

 29日午後2時ごろ、関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)で、発電と送電を開始する作業中、発電機と変圧器の故障を知らせる警報が鳴り、原子炉が緊急停止した。関電によると、原子炉の冷却は維持され、放射性物質の漏えいなど環境への影響はない。

 4号機では20日に1次冷却水の漏えいが起き、対策を講じた後の26日に原子炉を起動したばかり。再稼働を急いだ関電の姿勢が問われそうだ。

 関電によると、警報に伴って発電機が緊急停止し、これに連動して制御棒48本が炉心に挿入された。タービンも停止した。電気系統を調べたところ、主変圧器が故障した可能性が高いという。

あなたにおすすめ