熊楠賞に人類学者の中沢新一氏

分野融合「アースダイバー」注目

画像 中沢新一氏

 和歌山県田辺市と南方熊楠顕彰会は4日、博物学や民俗学の分野で顕著な業績のあった研究者に贈る第26回南方熊楠賞に明治大野生の科学研究所所長の中沢新一氏(65)=東京都=を選んだと発表した。授賞式は5月7日。

 人類学者の中沢氏は、地形と人文学を融合した研究「アースダイバー」で注目されている。選考委員会は「宗教学をはじめ、人類学や民俗学などに取り組み、従来の枠組みにとらわれない研究成果を実現している。アースダイバーの研究は、現代人に新しい知見と感性を切り開く可能性がある」と評価した。

あなたにおすすめ