水戸の偕楽園、梅が見ごろに

白とピンクの花が埋め尽くす

画像 見ごろを迎えた梅を眺める観光客でにぎわう偕楽園=5日午後、水戸市 水戸市にある日本三名園の一つ、偕楽園の梅が見ごろを迎え5日、観光客らでにぎわった。白とピンクの梅の花が辺り一帯を埋め尽くした。

 園内では友人同士や子ども連れの家族が梅を眺めたり昼食を取ったりしていた。近くの神社では全国から集められた梅酒を楽しむことができ、来場客が飲み比べをしていた。偕楽園公園センターによると、園内には約100種、約3千本の梅があり、見ごろは15日ごろまで。

 福島県棚倉町から娘と来た原啓子さん(58)は「梅の木がこんなにたくさんあるのに驚いた。濃いピンクと白のコントラストがきれい」と笑顔で話した。

あなたにおすすめ