政府、ミャンマーに大型支援へ

インフラ等に1千億円規模

画像 アウン・サン・スー・チー氏(ロイター=共同) 【バンコク共同】ミャンマー新政権を主導する与党・国民民主連盟(NLD)党首のアウン・サン・スー・チー氏の支援要請を受け、日本政府が円借款と無償資金協力で総額1千億円以上の大型の政府開発援助(ODA)を実施する方向で調整を進めていることが6日、分かった。交通インフラ整備や都市計画策定などが対象で、新政権への支援で他国に先行したい狙いがある。

 軍事政権時代からスー・チー氏を支援し関係が深い欧米諸国のほか、軍政と緊密な関係だった中国もNLDに接近を図っており、日本は支援を一足早く具体化し連携を強めたい意向だ。

あなたにおすすめ