スイセンの葉で10人食中毒

兵庫の施設、ネギと間違え

 兵庫県尼崎市保健所は7日、アルコール依存症患者の自立を支援するNPO法人施設の通所者らが、有毒植物であるスイセンの葉をネギやニラと間違って昼食に食べ、うち10人が嘔吐などの食中毒症状を発症したと発表した。全員が快方に向かっている。

 保健所によると、4日昼の自炊の際、通所者が誤って施設内のプランターに植えてあるスイセンを中華丼の具材として使用。通所者や施設の職員ら32~71歳の男女11人が食べた。

 施設では以前ネギを育てていた。スイセンの葉は長さ20~30センチで、ニラの葉とも似ており、保健所は誤って口にしないよう注意を呼び掛けている。

あなたにおすすめ