首相、増税延期は政治判断

軽減税率、参院審議入り

 消費税率10%への引き上げ時の軽減税率導入を盛り込んだ2016年度税制改正の関連法案が9日、参院本会議で審議入りした。安倍晋三首相は、来年4月に予定する消費税増税を延期する可能性を問われ「世界経済の大幅な収縮が起こっているかどうかの専門的な見地からの分析も踏まえ、その時の政治判断で決められる事項だ」と述べた。

 首相は、増税を「リーマン・ショックや大震災のような重大な事態が発生しない限り確実に実施する」とし「経済の好循環を回し、そのための経済状況をつくり出す」とあらためて強調した。

あなたにおすすめ