東大、理3に面接導入へ

医師の資質、多面的に判断

画像 東京大学=東京都文京区

 東大は10日、2018年2月に実施する理科3類の前期日程2次試験から面接を導入すると発表した。医師になるのにふさわしい資質のある学生を、学力だけでなく多面的に選抜するのが狙い。

 東大によると、理科3類への入学は実質的に医学部進学につながる。今夏までに具体的な面接方法を決める予定だが、著しくコミュニケーション能力が欠けていたり、医療への適性がなかったりする学生を見極めるのが主な目的で、面接の結果を加点することはない。

 理科3類での面接試験は1999年から2007年にかけて実施していたことがあるという。

あなたにおすすめ