名古屋ウィメンズ、田中が2位

日本勢最高、代表入りに前進

画像 名古屋ウィメンズマラソンで、日本勢トップの2位でゴールする田中智美(手前)。後ろは3位の小原怜=ナゴヤドーム画像 名古屋ウィメンズマラソンで、スタートした大勢のランナー=名古屋市のナゴヤドーム周辺

 リオデジャネイロ五輪女子マラソン代表の最終選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンは13日、ナゴヤドーム発着で行われ、田中智美(第一生命)が2時間23分19秒で日本勢最高の2位に入り、代表入りに前進した。ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が2連覇。

 代表には昨夏の世界選手権7位の伊藤舞(大塚製薬)が既に決定。大阪国際女子を制した福士加代子(ワコール)も代表入りが確実視されている。

あなたにおすすめ