参院選で安保法の争点化必至

首相、廃止法案提出を批判

画像 自民党大会で演説する安倍首相=13日、東京都内のホテル 安倍晋三首相(自民党総裁)は13日、東京都内のホテルで開かれた党大会で演説し、民主、共産両党などが安全保障関連法の廃止法案を提出したことを強く批判した。夏の参院選での両党の選挙協力に関し「選挙のためなら何でもする。誰とでも組む。こんな無責任な勢力に負けるわけにはいかない」と対決姿勢を強調した。参院選で安保法制の在り方を問う構えを示した発言で、月内に施行される安保法の是非が主要争点となるのは必至だ。

 首相は「今年は自民、公明両党の連立政権対民主、共産両党の『民共勢力』の戦いになる」と指摘し、結束を呼び掛けた。

あなたにおすすめ