安倍首相、改憲へ野党と連携訴え

「多くの党の支持を」

画像 参院予算委で答弁する安倍首相=14日午前

 安倍晋三首相は14日の参院予算委員会で、憲法改正について「必要な改正は行うべきだ」と重ねて意欲を示した。同時に「与党のみならず、多くの党の支持をいただかなければならない」と述べ、おおさか維新の会など改憲に前向きな野党との連携の必要性を訴えた。民主党は安倍政権下での改憲に反対している。

 首相は具体的な改憲項目に触れなかったものの「憲法は国民の未来を語るものだ。21世紀の理想の姿を私たち自身の手で描いていく精神こそ、日本の未来を切り開いていく」と意義を強調。「決めるのは国民だ。国民的な議論と理解が深まるように努めたい」とも語った。

あなたにおすすめ