巨人選手、公式戦で現金やりとり

野球機構調査委が把握

2016/3/14 13:31

 野球賭博に4選手が関与していたことが発覚したプロ野球巨人の選手が、自チームの公式戦の勝敗に絡んで現金のやりとりをしていたことが14日、分かった。選手が試合ごとに現金を出し合い、勝てば試合での円陣で「声出し」と呼ばれる発声を担当した選手が総取りするルール。日本野球機構(NPB)調査委員会の大鶴基成委員長が調査の過程で把握していたことを明らかにした。

 大鶴委員長によると、選手の拠出金は1試合当たり5千円で、試合に負けた場合は「声出し」した選手が千円を支払っていた。昨秋の調査で判明していたが、少額なため、八百長や敗退行為にはつながらないと判断したという。