税収減なら増税延期も排除せず

消費税10%引き上げに首相

画像 参院予算委で答弁する安倍首相=14日午後 安倍晋三首相は14日の参院予算委員会で、来年4月の消費税率10%への引き上げに関し、増税で景気が大きく悪化し、税収全体が落ち込むと想定される場合は、延期も排除しない考えを示唆した。「税率を上げても、税収が上がらなくては元も子もない。日本経済自体が危うくなるような道を取ってはならないのは当然だ」と強調した。

 同時に「現在、そうした重大な事態が発生しているとは考えていない」との見解も示した。

 日本経済の現状について「成長軌道に戻ってきている」と説明。「リーマン・ショックや大震災のような重大な事態が発生しない限り、(再増税を)確実に実施する」と重ねて表明した。

あなたにおすすめ