東芝、新たに不正会計7件

計58億円の利益水増し 

画像 東芝のロゴ(ロイター=共同)

 経営再建中の東芝は15日、新たに7件の不正会計が見つかったと発表した。税引き前利益で計58億円を水増ししていた。2015年9月中間決算などで過大に計上した利益を減額修正したが、決算発表では詳しい内容を公表していなかった。

 不正に関係した部門の役員らは報酬を一部返上する。各事案に関与した従業員計40人も懲戒処分とした。

 東芝の広報担当者は「社内の情報共有が十分でなかった」と釈明している。一連の不正会計問題に対する危機意識の欠如があらためて浮き彫りになり、東芝の信頼回復は一段と難しくなった。

あなたにおすすめ