コブクロ、東京タワーで熱唱

「高2の自分」に手紙も

画像 ニューシングルのPRイベントに登場した「コブクロ」の黒田俊介(左)と小渕健太郎=15日、東京都内

 男性デュオ「コブクロ」(小渕健太郎、黒田俊介)が、ニューシングル「未来 Spring Package」の発売記念イベントを東京都港区の東京タワーで開催、収録曲の「未来」と「桜」の2曲を熱唱した。

 「未来」は、映画「orange―オレンジ―」の主題歌。高校2年生の春に、10年後の自分から一通の手紙が届いたことから始まる物語にちなみ、2人は“高2の自分”に宛てた手紙を披露した。

 新聞配達少年だった小渕が「途中で居眠りしたら駄目だよ」。黒田は「心配しなくても、もう身長は止まるよ。人間だもの」と朗読、「スイッチが入ったように背が伸び続ける恐ろしさ。柱よりでかくなると、柱の高さを僕に書くようになる」と、193センチの長身ならではの苦悩を告白した。

あなたにおすすめ