「ミラーレス車」解禁へ

6月から公道走行可能に

 国土交通省は17日、自動車に設置が義務付けられているバックミラーやサイドミラーの代わりに、カメラとモニターを備えた「ミラーレス車」を解禁する方針を決めた。6月から公道での走行を認める予定で、道路運送車両法の保安基準を改正する。対象は乗用車やトラック、バスなどで、バイクは除外する。

 基準では、運転手が視界を確保できるよう、モニターで映る範囲や画質、倍率などを定めるほか、現在のバックミラーなどと同じような場所にモニターを設置することも規定。昨年11月に国連で採択されたミラーレス車の国際基準に従った。

あなたにおすすめ