正座後足しびれる原因、分かった

タンパク質を刺激、京大

 正座の後に生じる痛みに近いしびれは、皮膚近くの神経のタンパク質が、足を崩して血流が再開した後に出る活性酸素により刺激され、引き起こされることがマウス実験で分かり、京都大のチームが英科学誌電子版に17日発表した。

 チームによると、しびれは、糖尿病や閉塞性動脈疾患、抗がん剤治療でも起きるが、詳しいメカニズムは解明されておらず、よく効く治療薬も開発されていないという。

 タンパク質はTRPA1で、中川貴之准教授(薬理学)は「メカニズムの一端が判明した。刺激により活性化したTRPA1の活動を弱めるなどする治療薬の開発が期待できる」と話した。

あなたにおすすめ