スマホに身代金要求ウイルス

愛知県警、感染を初確認

2016/3/18 21:46

画像 ウイルスに感染し画面操作のできなくなったスマートフォン=18日午後、名古屋市 愛知県警は18日、画面操作をできなくして金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」と呼ばれるウイルスの感染をスマートフォンで確認したと明らかにした。警察庁や情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」によると、スマホへの感染例は全国初で、注意を呼び掛けている。

 サイバー犯罪対策課によると、愛知県岡崎市の40代男性から、今月14日「スマホの画面が突然ロックされ『1万円を支払え』という画面が出現した」と相談があった。インターネットを閲覧中に、ウイルスが組み込まれたスマホ用アプリをインストールしたことが原因で、電子マネーなどを購入するよう要求されるという。