人工知能の小説、1次審査通過も

人の関与減らすのが課題

画像 人工知能による小説プロジェクトの報告をする公立はこだて未来大の松原仁教授=21日午後、東京都港区 人工知能(AI)に小説を書かせ、賞に応募するプロジェクトを進めている研究者が21日、東京都内で報告会を開いた。受賞はしなかったが、1次審査を通過した作品もあった。文章は破綻していないが、今後はどこまで人間の関与を減らせるかが研究課題とされた。

 応募したのは「ショートショート」と呼ばれる小説を得意としたSF作家の星新一さんの名前を冠した賞。プロジェクトから2作品、別の研究者が2作品を応募。1~3次と最終選考があり、いずれかの作品が1次審査を通った。

 報告会では、人工知能は多くの作品を生み出すことはできるが、作品の評価ができないことなども課題に挙がった。

あなたにおすすめ