小型機墜落4人死亡、八尾空港

着陸やり直し失速か

2016/3/26 23:44

画像 八尾空港に墜落した小型機=26日午後5時11分、大阪府八尾市(共同通信社ヘリから) 26日午後4時20分ごろ、大阪府八尾市の八尾空港に小型機が墜落、炎上して大破し、乗っていた成人男性とみられる4人が死亡した。着陸をやり直す際に失速した可能性があり、運輸安全委員会は航空事故調査官を派遣、27日から大阪府警と合同で原因を調べる。八尾空港の周囲は住宅や工場が立ち並び、住民に被害が及ぶ恐れもあった。

 国土交通省によると、事故直前、機長から管制に着陸をやり直すと連絡があった。再上昇しようとして高度20メートル付近から墜落したとみられる。

 府警は業務上過失致死容疑で八尾署に捜査本部を設置、27日から4人の遺体を司法解剖し、身元確認を進める。