警視庁機動隊、三重へ出発

サミット警備で1次派遣

画像 伊勢志摩サミット警備の第1次特別派遣として三重県に向け出発する警視庁の車両=27日午前、東京都府中市 5月26、27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)警備の第1次特別派遣として、警視庁の第7機動隊員ら約200人が27日、拠点がある東京都府中市から開催地の三重県に向けて出発した。警視庁は今後も順次、機動隊員らを派遣する。

 三重県側からの求めに応じた応援派遣で、隊員らは主会場となる志摩市・賢島の志摩観光ホテルなど関連施設の警戒警備に当たる。

 府中市の第7機動隊では出発前、山田健二隊長が整列した隊員らに「フランスに続きベルギーでも悲惨なテロがあり、大変厳しい情勢だ」と話し、テロ対策に万全を期すよう訓示した。隊員らは約40台の警察車両に乗り込み、出発した。

あなたにおすすめ