JR東日本も「駅ナンバリング」

アルファベットと数字、首都圏で

2016/3/30 05:30 | 3/30 05:43 updated

画像 東京メトロ上野駅の看板に表示された、銀座線と日比谷線の駅ナンバリング JR東日本が、首都圏の路線に「駅ナンバリング」を導入することが30日、同社関係者への取材で分かった。路線ごとにアルファベットを割り当て、駅ごとに振った数字と組み合わせて駅名とともに表示する。2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、訪日外国人や旅行者にも分かりやすくするのが狙い。年内に駅看板や路線図などの更新を始める予定。

 駅ナンバリングは、首都圏で既に東京メトロの地下鉄や私鉄で導入されている。JR各線にも導入されれば、複雑なことで知られる首都圏の鉄道網も、より分かりやすく案内できるようになりそうだ。