厚労省、是正指導の企業名初公表

違法な長時間労働で

 千葉労働局は19日、最長で1カ月当たり約197時間に上る違法な長時間労働をさせていたとして、千葉市の棚卸し業務代行会社「エイジス」を是正指導したと発表した。厚生労働省は昨年5月、違法な長時間労働を繰り返した企業について、行政指導の段階で社名を公表することに決めたが、実際に公表したのは全国初。

 厚労省とエイジスによると、エイジスは50の営業所を展開。うち4営業所で働く従業員計63人に昨年5月以降、労使協定で定めた上限時間を上回る、1カ月当たり100時間を超す時間外や休日労働をさせた。

 同社の担当者は「人員補充などの再発防止策を進めたい」と話した。

あなたにおすすめ