歴史ある名園、再開めど立たず 北岡自然公園

©株式会社熊本日日新聞社

山門前の石橋が崩壊したままで、立ち入り禁止が続く北岡自然公園=23日午前、熊本市中央区横手(横井誠)

 熊本市中央区横手の国指定史跡「北岡自然公園」は、熊本地震で山門前の石橋が崩壊するなど園内全域で被害が発生。再開のめどは立っていないという。

 市文化振興課によると、園内の石灯籠や五輪塔の大半が倒れ、南北に延びる長塀約80メートルも崩落した。ただ熊本藩の初代藩主細川忠利らをまつる細川家三霊廟[れいびょう]は、壁の一部の破損にとどまった。同課は「市全域の文化財調査に追われており、復旧はまだ手付かずの状態だ」と話している。(高見伸)