広島・原爆資料館の入館者倍増

オバマ氏訪問後、昨年比

 広島市中区の平和記念公園にある原爆資料館は30日、オバマ米大統領が同資料館を訪問した翌日の28日からの2日間で入館者が計1万3389人に上り、昨年の同時期と比べ倍増したと発表した。

 資料館には、オバマ氏が作った折り鶴や記帳した芳名録について「見られるのか」といった問い合わせが少なくとも数十件あり、一目見ようと訪れた人もいるとみられる。折り鶴と芳名録は現在、見ることはできないが、今後展示を検討する。

 この2日間は土日に当たり、資料館によると、28日の入館者は6673人、29日は6716人に達した。昨年5月最後の土日の入館者は計6609人だった。

あなたにおすすめ