池田小事件15年で犠牲者を追悼

児童代表「安全願う心忘れない」

画像校内児童殺傷事件から15年となり、大阪教育大付属池田小で開かれた「祈りと誓いの集い」=8日午前、大阪府池田市

 大阪府池田市の大阪教育大付属池田小で1、2年生8人が亡くなり、教職員を含む15人が重軽傷を負った校内児童殺傷事件から8日で15年となった。池田小では犠牲者を追悼する「祈りと誓いの集い」が開かれた。6年生の児童代表は「つらく悲しい事件のこと、安全を願う心を忘れず、これからも過ごしていく」と述べ、安全な学校づくりへの決意を新たにした。

 集いは遺族や6年生児童、教職員らが出席し、午前10時10分ごろ開始。2004年に建てられた「祈りと誓いの塔」の鐘が鳴る中、参加者や教室の児童、保護者ら約1300人は犠牲者の鎮魂を願い、1分間黙とうした。児童が献花し、合唱した。

あなたにおすすめ