トピック2016参院選

改憲勢力3分の2うかがう

未定半数、参院選序盤情勢

画像参院選が公示され、街頭演説を聞く有権者=22日、大阪・梅田

 共同通信社は第24回参院選について22、23両日、全国電話世論調査を行い、取材も加味して序盤情勢を探った。安倍晋三首相が目指す憲法改正に賛同する勢力は、改憲発議に必要な3分の2(162議席)をうかがう。自民、公明両党は合計で、首相が勝敗ラインとする改選過半数(61議席)を上回り、70台に乗せる勢い。自民党は60議席に迫り、非改選と合わせて27年ぶりの参院単独過半数を視野に入れる。民進党は20議席台後半にとどまり、共産党は伸長する見込み。

 投票先を「まだ決めていない」のは選挙区58.0%、比例代表53.4%。7月10日投開票に向け情勢が変わる可能性がある。

あなたにおすすめ