人気カライモ店復活! 道の駅大津

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

道の駅大津にリニューアルオープンした「からいもやさん」=大津町

 熊本県大津町引水の「道の駅大津」の看板店「からいもやさん」が1日、リニューアルオープンした。同駅は熊本地震による国道57号の寸断で観光客が激減しており、復活への起爆剤にしたい考え。

 同店は大津町特産のカライモの専門店で、芋あん入りのたい焼き「芋鯛[たい]」(170円)、「クロワッサン芋鯛」(300円)などのスイーツや「芋天」(130円)などが人気。出店して14年目で順調に売り上げを伸ばしてきたが、4月の熊本地震で一時は8割減にまで陥った。

 リニューアルで店舗面積が広がり、外から焼き場が見えるようにし、「からいも鯛焼き」の顔出しパネルも新設した。冷たいスイーツなど夏限定メニューも開発中だ。

 庄山健一郎店長(43)=同町=は「震災でリニューアルを迷ったが、町特産のカライモをアピールしたいとゼロからの出発を決意した」と意気込んでいる。(横山千尋)

トピック平成28年熊本地震

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by