足湯から阿蘇一望

「四季の森温泉」にオープン

 熊本県南阿蘇村久石の「四季の森温泉」に3日、阿蘇の景色を一望できる足湯がオープンした。同所の宿泊施設は熊本地震後に避難所になっており、被災者らが日ごろの疲れを癒やすことができる。

 足湯は、施設北側に面したウッドデッキの改修に併せて設置。最大8人が座ることができる(無料)。眼前には夜峰[よみね]山や烏帽子[えぼし]岳、中岳などの雄大な景観が広がる。

 地震で自宅が全壊し、4月22日から同施設で避難所暮らしを続ける同村河陽の増田信悟さん(71)は「足湯も景色も最高。気持ちが晴れますね」と笑顔を見せた。一般観光客らにも無料開放する(午前10時~午後7時)。(小野宏明)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから