お帰りロアッソ 3カ月ぶり本拠地戦

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

熊本地震後初のうまかな・よかなスタジアムでのホームゲームで、熊本の先制ゴールに沸き立つサポーター=3日夕、熊本市(横井誠)

 お帰りロアッソ-。サッカーJ2第21節の3日、ロアッソ熊本は熊本地震後、約3カ月ぶりとなる本拠地でのホーム戦を熊本市のうまかな・よかなスタジアムで戦った。

 セレッソ大阪と対戦したロアッソは前半8分、DF薗田淳が先制ゴールを決めたが、5分後に同点とされ、同25分にはPKを与えて退場者を出す苦しい展開。その後も追加点を許し1-5で、6試合ぶりの黒星を喫した。

 「復興支援マッチ」と銘打ったこの日は、9322人が来場。スタンドを赤に染め、ホームで躍動するイレブンに声援を送った。

トピック平成28年熊本地震

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by