トピック2016参院選

18、19歳は自民40%トップ

改憲賛否は拮抗、出口調査

 共同通信社の出口調査によると、選挙権年齢の引き下げで新たに有権者となった18、19歳の比例代表投票先は、自民党が40.0%でトップ、民進党19.2%、公明党10.6%と続いた。憲法改正の賛否については賛成46.8%、反対47.2%で拮抗した。

 共同通信社が3~5日に行った全国電話世論調査では、18、19歳の比例代表での支持政党は自民が35.4%で最多、他の政党は民進8.5%、公明5.0%、共産党1.5%などいずれも10%以下、「分からない・無回答」は42.9%だった。出口調査からは、自民が堅調に票を獲得したことがうかがえる。

あなたにおすすめ