熊本の復興へ乾杯!!

県内酒蔵勢ぞろいしイベント

「熊本deKANPAI」をPRする天草酒造の平下豊さん=天草市

 「飲んで熊本地震の復興を支援しよう!」-。県内全ての酒蔵の酒を味わえるイベント「熊本 de KANPAI」が16日、熊本市中央区の花畑広場(仮称)で開催される。どれも1杯300円で、収益は義援金に充てられる。

 開催を思い付いたのは、鹿児島や秋田の蔵元などから約70万円の義援金を託された天草酒造の平下豊さん(38)=天草市新和町。「酒蔵ならではの支援をしたい」と、自らが代表を務める南九州の酒蔵の若手グループ「futures」(フューチャーズ)が実現させた。

 会場では、41の酒蔵が焼酎や日本酒の代表銘柄1種類を正午から午後8時まで提供。海産物や鳥料理などのつまみを販売する出店も並ぶ。酒蔵主との交流も楽しめる。

 平下さんは「飲んで復興に貢献できるのは酒好きにとって幸せなこと。熊本の酒の素晴らしさを伝えるきっかけにもしたい」と来場を呼び掛けている。天草酒造TEL0969(46)2013。(酒森希)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから