数学五輪は金1、銀4、銅1

国別で日本は10位

 文部科学省は15日、香港で開かれた「国際数学オリンピック」で、日本代表の高校生6人が金メダル1個、銀メダル4個、銅メダル1個を獲得したと発表した。国別順位は10位だった。

 金は開成高(東京都)2年の高谷悠太さん(17)、銀は筑波大付属駒場高(東京都)3年の青木孔さん(17)と同3年の村上聡梧さん(18)、灘高(兵庫県)3年の蔵田力丸さん(17)、東京都立武蔵高2年の松島康さん(17)、銅は開成高3年の井上卓哉さん(18)。高谷さんと青木さんは昨年の同オリンピックにも参加して銀、井上さんは銅だった。

 国別順位1位は米国、2位は韓国、3位は中国となった。

あなたにおすすめ