二階氏、安倍総裁の任期延長容認

「異論ある人いない」

画像自民党総務会に臨む(手前左から)二階総務会長、細田幹事長代行、稲田政調会長=19日、東京・永田町の党本部

 自民党の二階俊博総務会長は19日の記者会見で、2018年9月までとなっている安倍晋三首相の党総裁任期の延長を容認する意向を示した。「安倍総裁の党内外での活躍に異論を差し挟む人はいない。政治情勢を見て『延長した方がいい』とまとまれば、それはそれでいい。安定した首相は大変結構だ」と述べた。

 党則では、任期は3年で連続2期まで。首相は11日の会見で「与えられた任期を全力で務めていくことに力を入れていきたい」と述べるにとどめていた。

あなたにおすすめ