台湾版“くまモン”オーベアが激励

熊本市で交流

くまモン(左)と触れ合う台湾観光局公式キャラクター「OhBear」。元気な熊本を台湾でPRするため来熊した=22日、熊本市

 台湾観光局の公式キャラクター「OhBear(オーベア)」が22日、熊本市を訪れ、県のPRキャラクターくまモンと交流。熊本地震からの復興へ向け、「熊本加油(がんばって)」と励ました。

 オーベアは台湾版の“くまモン”。熊本地震以降、九州への訪日外国人客が減少しているため、独立行政法人国際観光振興機構が「熊本・九州PRキャンペーン」のアピールを目的にオーベアを招いた。

 くまモンスクエアには、台湾からのツアー客や台湾メディアが集まった。元気に動き回るくまモンとオーベアが触れ合うと歓声が上がり、カメラのシャッター音が鳴り響いていた。

 ツアーに参加した台北市の自営業、汪嗣桓さん(30)は「九州に来てみたいとずっと思っていた。くまモンはとてもかわいかった」と笑顔で話した。

 ツアー客らは福岡、長崎、大分の3県も観光する。台湾のテレビ局が撮影したツアーの様子は、台湾で放送される予定。(松浦裕子)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから