不明大学生の車部品か 阿蘇大橋下流で発見

©株式会社熊本日日新聞社

行方不明の大和晃さんの家族らが阿蘇大橋下流で見つけた車の部品から回収したプレート。大和さんの車にも付いていた「HYBRID」の文字の「ID」とみられる
黒川で見つかった車の部品の前で、泣き崩れる大和晃さんの母忍さん(右)と父卓也さん=24日午後4時半すぎ、南阿蘇村

 熊本地震で崩落した熊本県南阿蘇村立野の阿蘇大橋付近で、車ごと土砂に流され行方不明になったとみられる阿蘇市の熊本学園大生、大和晃[ひかる]さん(22)の家族らが24日、大橋の約300メートル下流で、大和さんの車の一部とみられる部品を発見した。水中で岩の下敷きになっており、家族は25日、県に回収を要望する。

 見つかった部品は、大和さんが乗っていたトヨタ「アクア」と同じ黄色い塗装。同社のハイブリッド車の前輪近くに付いている「HYBRID」と書かれたプレートの一部が残っていたという。

 捜索は大和さんの父卓也さん(58)と母忍さん(48)のほか、知人や登山愛好家ら計約70人で実施。午後4時すぎ、参加した男性が土砂や岩が堆積した黒川沿いの河川敷から部品を見つけた。

 駆け寄った忍さんは「ひかる、ひかる。ここにいるの」と泣き崩れた。手で泥をかき分けようとしたが、部品は二つの大きな岩に挟まれ、動かなかった。

 卓也さんは「もし運転席の部品であれば、下に座席が埋まっているかもしれない。すぐに部品を引き上げてほしい」と話した。

 県は8月に捜索を再開する方針だが、卓也さんらは25日午後にも県庁に写真などを届け、回収と捜索を急ぐよう求めるという。(堀江利雅)