閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

Tシャツ販売し熊本城の再建支援

清正ゆかり広島の6社

©株式会社熊本日日新聞社

販売したTシャツを着て、寄付金の目録を大西一史市長に渡す渡壁英史さん(左から2人目)ら=熊本市役所

 加藤清正と縁のある広島県福山市などの事業所6社が、熊本地震で被災した熊本城の再建を支援しようとTシャツを作製。代表者らが25日、熊本市の大西一史市長を訪ね、シャツの売り上げなど約230万円を寄付した。

 市役所を訪れたのは福山市の衣料品店社長の渡壁英史さん(52)ら。福山城の初代城主・水野勝成の妹が清正の妻だったことから、熊本城の復興を支援しようと呼び掛け。スポンサー企業を募り、Tシャツ1000枚を作った。震災を乗り越えてほしいとの思いから胸には「OVERCOME HIGO」の文字と城をデザイン。6月末までに完売した。

 渡壁さんは「熊本と縁の深い福山から支援できればと思った。これで終わりではなく、今後も何かしらの支援を続けていけたら」と話している。(中島忠道)

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by