「車の早期回収を」 不明学生の両親、県に要請

©株式会社熊本日日新聞社

車の一部が見つかった場所を地図で説明する大和晃さんの父卓也さん=25日、県庁

 熊本地震で行方不明になっている阿蘇市の大学生大和晃[ひかる]さん(22)が乗っていたとみられる車の一部が見つかったことを受け、大和さんの両親が25日、県に早期の回収と捜索再開を求めた。

 車の一部は24日、独自に捜索していた大和さんの父卓也さん(58)と母忍さん(48)らが、南阿蘇村の阿蘇大橋崩落現場から約300メートル下流の黒川で発見した。大きな岩に挟まれているという。

 両親は同日、県庁を訪れ、「子どもが残っている可能性がある。早く私たちの手元に戻したい」と要請。本田圭・危機管理監は「現場の状況を確認し、重点的に対応したい」と述べた。

 県と県警、消防はこの日、両親の情報を基に現地で確認。県は「足場が悪く地盤も不安定なため、作業方法を慎重に検討する」としている。(蔵原博康)