第二高、遊園地で笑顔の終業式 荒尾市

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

代表の生徒たちの音頭で校歌を熱唱する第二高の生徒たち=29日、荒尾市

 熊本地震で被災した熊本市の第二高(1226人)が29日、熊本県荒尾市のグリーンランドで遠足を兼ねた終業式を実施した。遊園地での一日を満喫し、さまざまな行事が中止になった一学期を笑顔で締めくくった。

 同高は4月15日にグリーンランド遠足を計画していたが、前日に前震が発生。校舎も被災して5月上旬まで休校となり、運動会も中止に追い込まれた。

 生徒たちに日常を取り戻してもらおうと、学校側が「遠足兼終業式」を企画。園内であった式では、生徒たちが校歌を高らかに歌い上げた。式後は、運動会で応援団長を務めるはずだった3年生たちが、同校伝統のパフォーマンスを披露して会場を盛り上げた。

 応援団長の一人、有隅遼太郎さんは「運動会はできなかったけど、みんなで一つになれる機会が持ててうれしい。良い思い出になりました」と晴れやかだった。生徒たちは、園内での自由時間も楽しんだ。(原大祐)

トピック平成28年熊本地震

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by