コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

職人集い、南阿蘇の元気PR 人気パン店に行列

©株式会社熊本日日新聞社

国内外の職人が焼き上げたパンが並んだ「めるころ」。多くの客が買い求めた=30日、南阿蘇村

 南阿蘇村の人気パン店「めるころ」で30日、国内外のパン職人が集うイベントがあった。熊本地震を乗り越えて営業を再開した同店や南阿蘇の元気をPRしようと、それぞれ自慢のパンを並べた。

 同店は被災して一時休業したが、全国の職人らの支援で再開。今回は、同店も所属する「パン・ド・ロデヴ普及委員会」(松成容子代表理事)が企画し、東京や大阪、台湾などの職人17人が約30種類のパンやランチプレートなども用意した。

 午前9時の開店前から約30人の行列ができる盛況ぶり。同店の人気商品と共に、職人たちが次々に焼き上げるフランスパンやプレッツェルなどが並んだ。同店オーナーの原田雅之さん(59)は「仲間の協力はとてもありがたい。お客様が喜んでくれるのが一番」。

 福岡県みやま市から来た山田豪記さん(41)、富貴子さん(36)夫婦は「パンを買って少しでも南阿蘇を応援したい」と話した。(酒森希)

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by