ホテルキャッスルが宿泊を5日から再開 まず70室

©株式会社熊本日日新聞社

宿泊客の受け入れを5日に再開する熊本ホテルキャッスル=2日、熊本市

 熊本ホテルキャッスルは5日、熊本地震の影響で休止していた宿泊客の受け入れを一部客室で再開する。

 同ホテルは、地震で外壁や客室の内装が破損したが、専門家の調査で構造上の安全を確認。既に再開している併設レストランと宴会場に続き、今回、客室全179室のうち補修を終えた70室で再開することを決めた。

 同ホテルは「復興に貢献できるよう、多くの方に利用してもらいたい」と話している。

 残りの客室と外壁の復旧工事を進め、12月までの全館再開を目指す。復旧費は8億円弱の見込み。

 被災企業を国や県が支援する「グループ補助金」制度を活用しようと、周辺のホテルや取引先企業と計11社のグループを組み、補助金申請している。(宮崎達也)