ポケモン、たくさんいるよ! 阿蘇市で観光企画

©株式会社熊本日日新聞社

青いアイコンのポケストップで有料アイテムを使用すると、一定時間、ポケモンが出現しやすくなる=阿蘇市

 「ポケモンがたくさんいるよ!!」-。阿蘇市一の宮町の門前町商店街は5日、大人気のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を活用した観光企画を始める。ゲーム内の有料アイテムを使ってポケモンを集め、来場を呼び掛ける。

 利用者はGPSを用いて実際に歩き回りながら画面に現れるポケモンを探して捕まえる。ゲームで使用するアイテムは「ポケストップ」と呼ばれる特定の場所で入手でき、そこで有料アイテムを使用すると一定時間、周囲はポケモンが出現しやすくなる。

 商店主らは同商店街(約220メートル)の「五葉松」「文豪の水」「さるたひこだいじん」の3カ所がポケストップとなっていることに着目。5日から夏休み期間中の金土日曜の客足が比較的少ない午前10~12時と午後3時~4時の1日計3時間、アイテムでポケモンを引き寄せる。

 同商店街は4月の地震で建物2棟が倒壊し、通行量も前年の3分の1ほどに落ち込んだ。若手商店主らの代表で、文具店「丹波屋」を営む岩永芳幸さん(43)も「前年と比べて来客が3~4割減った」という。

 「この試みを足掛かりに、地域に活気を取り戻す次の一手へつなげたい」と岩永さん。ただ、ゲームをめぐっては「ながらスマホ」による事故などの問題も指摘されている。商店街は「マナーを守ってゲームを楽しんでほしい」と呼び掛けている。(上杉勇太)