地震の写真、張り紙など寄贈を 益城町図書館

©株式会社熊本日日新聞社

益城町図書館が収集している熊本地震の関連資料

 益城町図書館は、熊本地震の記録を後世に残し防災や復興に役立てようと、関連資料の寄贈を呼び掛けている。これまで司書らが個別に収集していたが、人員不足で思うように集まっていないという。

 収集する主なものは町中や家屋の被害状況を写した写真、個人・団体によるイベントや講演会での配布資料、チラシ、学校の掲示物や配布物、避難所の張り紙や納品書など。収集したものは同館で保存、公開していく。

 司書の西村まみさん(50)は「例えば避難所の張り紙には、運営上の課題が書いてある。今後大きな災害があった際に、いろんな情報が役立つ。益城町は特に被害が大きかった地域。資料の保存に協力してほしい」と話している。

 直接持ち込むか郵送、写真はメールでも受け付ける。送付先は〒861-2242、益城町木山236、「益城町図書館」、TEL096(287)8411。Eメールkouryu8411@yahoo.co.jp。(後藤幸樹)

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by