アサヒが「常温」自販機

女性や体気遣う人が支持

画像自販機で常温のお茶を買う男性=7月20日、東京都千代田区の東京国際フォーラム

 自動販売機の飲料といえば夏はコールド、冬はホットが定番だが、「常温」のお茶や水も売る自販機をアサヒ飲料が置き始めたところじわり人気となっている。冷房による体の冷えに悩む女性を主な買い手と見込んでいたものの、体を気遣う男性の支持も「予想外」(同社)に集めているようだ。

 「常温」飲料の温度は20度で、暑い日に飲むと口の中がひんやりする。5度に保たれたコールド商品のように、しばらくして外側に水滴が付き、かばんの中がぬれることはない。

 アサヒは4月から導入を始め、7月末時点で首都圏や東北、近畿などに約100台を設置。年内に300台まで増やす計画だ。

あなたにおすすめ