惣領神社の解体、熊本工高生お手伝い 益城町

©株式会社熊本日日新聞社

広告を表示できません。

惣領神社の解体作業を手伝う熊本工高生=8日、益城町

 熊本地震で被災した熊本県益城町の惣領神社で、熊本工高(熊本市)の部活動「建築クラブ」に所属する1、2年生14人が8日、拝殿の解体作業を手伝うボランティアを始めた。

 同神社は建立100年の1944年、現在地に建てられた。地震で拝殿は大きく傾き、石灯籠や玉垣なども倒壊。夏休み中の熊工生のボランティアは、OBで宮守の末武有二さん(85)が依頼し、実現した。

 初日は、屋根材の銅板や釘を抜いたほか、解体作業を見て寝殿造りの構造を学習。2年の堀田寛貴さんは「住宅の設計士になるのが目標。地震の被害と木造建築の造りをしっかり学びたい」と話していた。

 「後輩の協力はありがたい」と末武さん。拝殿の再建計画は未定だが、「地域のよりどころとして、早く建て直したい」と話していた。(池田祐介)

トピック平成28年熊本地震

Follow us!

熊本日日新聞

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by