コミケ60万人をポカリで支援

大塚製薬、目標熱中症ゼロ

画像コミックマーケットで会場の外に並ぶ大勢の来場者(コミックマーケット準備会提供)

 大塚製薬は12日から3日間、東京ビッグサイトで開かれる同人誌の即売会「コミックマーケット(コミケ)」で熱中症患者が発生しないよう、同社商品の「ポカリスエット」の販売を通じて支援する。コミケは約60万人が訪れる真夏の大イベント。2013年には千人以上の参加者が猛暑で体調を崩して搬送されたが、今年はゼロを目指すという。

 大塚製薬は主催者の要請で14年からコミケ会場の販売を開始。会場の2カ所にポカリの販売ブースを設けている。14年の熱中症搬送者はゼロとなり、15年は3人だった。

 今年はペットボトル計2万8千本を用意、500ミリリットル入りを1本200円で売る。

あなたにおすすめ