中国で爆発、21人死亡

湖北省の火力発電所

画像爆発事故が起きた中国湖北省当陽市の火力発電所=11日(新華社=共同)

 【上海共同】中国湖北省当陽市の火力発電所で11日午後3時(日本時間午後4時)すぎ、高圧蒸気管が爆発する事故があり、21人が死亡、5人が負傷した。中国メディアが伝えた。

 国家安全生産監督管理総局は現地に職員を派遣した。湖北省のトップが救助作業に全力を尽くすよう命じ、同省は原因究明や責任追及のための調査チームを立ち上げた。

 現場の発電所では質の悪い石炭を燃やしていたとされる。

 中国では鉱山や工場で事故が相次いでおり、昨年8月12日には天津市の工場が立ち並ぶ港湾部で大規模な爆発が起き、173人が犠牲となった。

あなたにおすすめ