タイで連続爆発、4人死亡

リゾート地、約20人負傷

画像11日夜、タイ中部フアヒンの繁華街で起きた爆発の現場の映像(AP=共同)

 【バンコク共同】タイ警察や地元メディアによると、リゾート地の中部フアヒンと南部プーケット、同トラン県などで11日から12日朝にかけて爆発が相次ぎ、計4人が死亡した。警察は同一グループによるテロの可能性もあるとみて関連を捜査している。

 警察によると、フアヒンの繁華街で起きた爆発ではタイ人女性ら2人が死亡、欧米の外国人を含む約20人が負傷。12日朝には、スラタニ県の警察署前で爆弾が爆発し1人が死亡、3人が負傷し、プーケットの観光客に人気のビーチ近くで爆弾が爆発しタイ人1人が軽いけがをした。トラン県の爆発は11日にあり、1人が死亡。

 日本人被害の情報はない。

あなたにおすすめ