首相、核先制不使用政策に反対

米司令官に直接伝達と米紙

画像安倍晋三首相、ハリス米太平洋軍司令官

 【ワシントン共同】15日付の米紙ワシントン・ポストは、オバマ政権が検討している核兵器の先制不使用政策について、安倍晋三首相がハリス米太平洋軍司令官に「北朝鮮に対する抑止力が弱体化する」として反対の意向を直接伝達したと報じた。米政府高官の話としている。

 日本政府は先制不使用政策に対し、核開発を進める北朝鮮、軍事的に台頭する中国を念頭に基本的に反対の姿勢だ。米紙報道が事実なら、首相自ら米側に対し明確に反対の立場を伝えたことになる。唯一の被爆国として核廃絶を訴えながらも、米国による「核の傘」に依存せざるを得ない微妙な立場を改めて浮き彫りにした。

あなたにおすすめ