自動運転のセレナ出荷停止

日産、不具合の可能性

画像日産自動車の新型ミニバン「セレナ」

 日産自動車が自動運転技術を採用した新型のミニバン「セレナ」の出荷を一時停止していることが2日、分かった。アイドリングストップ機能に不具合がある可能性が浮上したため。8月24日の発売後、既に顧客に引き渡した車体もあり、原因を調査した上で早急に対応を検討する。

 日産によると、アイドリングを止めた状態から再スタートする際に不具合が起きる可能性があり、最悪の場合、発電機の回路の一部が損傷して車が進まなくなる恐れがあるという。

 これまでに約4800台が登録され、一部は納車を済ませたが、現時点で顧客から不具合の報告はないという。

あなたにおすすめ